「会話の質を上げる」発言力・5ヶ条

こんにちは。神原智己です。^^

あなたは、自分の発言に、普段、どの程度、「そうだね」と言ってもらっていますか?

自分の話が、なかなか通らない!そんな不満はありませんか?

上司・部下・職場の仲間、家族、友人、大切な人・・・

周囲で、あなたの発言に 「Yes」と言ってくれる人が増えたら、

願う未来へ進んでいきます。

だからこそ!

 支持される「発言力」が絶対に必要です。

そのための5ヶ条が、こちらです。↓↓↓

●叱責ではなく、アドバイス

● 反抗ではなく、意見

● 敵意ではなく、応援

● 悪意ではなく、好意

● 自慢ではなく、魅力

 

このように相手が感じてくれるように会話を工夫するのです。 

5ヶ条それぞれの、右と左の単語。

何が違うと思いますか?

 左は、相手が拒否したくなるアプローチや感情です。

一方、右は、相手と「共有」できるもの(可能性も含)なんですね。

「共有できるかできないか」

ここが決定的に違います。

 

この5ヶ条を無視して、会話していると・・・

同じ内容を伝えていても、相手には、真逆の感情で伝わる事があります。

そんなつもりは、全くないのに「叱責」「反抗」「敵意」「悪意」「自慢」として

受け取られてしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

また、この事実に気付いていない場合もあるでしょう。

 

自分の伝えたい通りに、相手が受け取ってくれるよう、「発言力」5ヶ条を

意識して会話すると、あなたの発言は、影響力を増します。

伝えたい事が、好意的に伝わる「発言力」。

あなたの「発言力」に足りない「何か」を知り、実践。仕事で、家庭で…あなたの意見が通れば、ストレスフリー。

私の「コミュニケーション能力2級認定講座」では、

その「極意」を、丸一日かけて、頭と心で理解・納得 →実践で導いていきます。

  どのように繰り広げられるのか、ぜひ、楽しみにご参加くださいね!^^

PS. お盆休みを終えて、お土産のおすそ分け、並べてみました。

どこの地域のお土産か全て、わかりますか?^^

真ん中の カブキ揚げのような おせんべいだけ、誰にもわかりませんよね。

「 これじゃあ、どこのお土産だか、わからないじゃないの!」ではなく、

「どこからのお土産か、書いておくと親切じゃない?」

↓↓↓

●叱責ではなく、 アドバイス

支持される「発言力」・5ヶ条を意識すると、こんな声かけで。笑

 

おみやげ.jpg