五月 悲しめるもののために… 室生犀星

五月 

 

悲しめるもののために 

みどりかがやく 

苦しみ生きむとするもののために 

ああ   みどりは輝く

 

室生犀星

 〜〜〜

 生き生きとした、五月の緑を鑑賞しながら、

この詩が、心に沁みました。 

 桜の花が散る時、悲しかったなぁ。

でも、そのあと、すぐに緑の葉っぱが 

芽吹き、みるみるうちに、 

木を覆っています。 

そのエネルギッシュで、濃い緑の葉っぱに、 

元気づけられます。

気づけば、桜の花と別れた時の寂しさを、

乗り越えている…… 

自然って、偉大ですね。 

 

人生も、そうやって、いろんな別れの寂しさを 

乗り越えていきたいな、と。 

この季節、五月に、学びます。

母の日、沢山の花と緑が、人生の先輩たちに 

贈られましたね。^_^ 

お母さん、いつもお疲れさま。

そして、ありがとう。 

 

 photo/ Y. K

photo/ Y. K