聴く人、話す人。

こんにちは。神原智己です。 

今日は、ママ友と、ランチをしてきました。 

1歳6カ月の女の子も一緒の、フレンチ。

ママの分のパンとスープを平らげていて、

お茶目でほほえましかったです。(o^^o)

さて。こんな楽しいひと時。

あなたの知人との食事やお茶の時間を思い出してみて下さい。

あなたは、話を聞く時間と、 話す時間、どちらが長いですか? 

コミュニケーションが、お互い気持ちよくとれるのは、お互い、同じくらい話す事。 

これが、ポイントです。 

ですから、ちょっと自分が多めに話したなーと 

思ったら、相手に話を振りましょう。 

逆に、つい、聞き手にまわってしまう、謙虚な方は、積極的に話してみましょう。 

こうして、話す量を、同じくらいに調節するだけで、 

心が、また近づいた満足感を味わえるはずです。 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「話す」という行為は、自分のエネルギーを外へ放出します。 

と同時に、精神的な断捨離ができて、スッキリする効果も期待できます。 

一方、「聴く」ことは、相手のエネルギーを

受け止める行為です。 

野球のキャッチボールに例えると、 

受けるときに、ズシッと大きな負荷がかかるはず。 

これが続くと、どんどん身体が重たくなってくる…言葉のキャッチボールに置き換えると、 

心が、精神が、だんだん重たくなってくるイメージです。相手の様々な感情が、大きな塊となって、 

胸にずっしり。 

受け手=聴き手は、精神的な疲労を感じやすいのです。 

 

ですから、相手の感情を受け止めたら (聴いたら)、今度は自分が、その感情を放る。解き放つ。

 

それが2人とも同じくらいできれば、 

心は、すっきり。 

話すエネルギーは、心地よい運動となり、 

身体が、活性化されたかのように、軽く 感じられるはずです。(ほどよい長さの会話の時間)

※※※※※※※※※※※※※※※ 

 私は、話す側の時間が長くなりがちなので、

今日は、特に注意して会話してみました。 

自分は、もちろん、相手のママ友も、 

なんだか元気な表情です。 

たくさん笑ったし、ランチは、美味(o^^o)だったし。 

今日は、夜まで頑張れそうです。 

お互いに…ね!笑 

 

IMG_2128.JPG
IMG_2126.JPG

オードブルを見た瞬間、ワインをオーダー。笑 

牛肉は、週1.2回、しっかり摂る事!  美容に良いそうです。(o^^o) 

牛肉は、週1.2回、しっかり摂る事! 

美容に良いそうです。(o^^o)