俺チョコ・コミュニケーション

今日は、バレンタインデー。 

今年のチョコの特徴は、「俺チョコ」だとか。(^_^) 

字の如く、男性が自分で食べるために、 

買うチョコ 。年々甘党の男性も市場を賑わせはじめている事をうけて、こんな言葉が誕生したようです。

「俺チョコ」… (^_^)  語感が良いですよね 。

チョコに対する、お茶目な愛情を感じます 。

「俺チョコは、駄菓子感覚のチロルチョコだなぁ~。」

そんな素朴な好みも、親しみやすくて、ステキじゃないですか?

少年時代の楽しい思い出話、たくさん聞けそうな

イメージです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

 チョコは、バレンタイン時期、男女間をはじめ、今では、老若男女、 あらゆる人間関係のコミュニケーショングッズとして、親しまれています。

 

あなたは、選ぶ時、何を基準にしますか? 

甘さ、見た目、カカオの質、価格… 

いろいろチェック項目がある中、まずは、「価格」で、選びませんか? 

私は、一粒2000円以上のブルガリのチョコを、 

私自身のために、買った事がありました。 

買った理由は、「世間を知る」ため。笑 

もちろん 、どんなお味か、興味津々だったことも

大きな理由の一つです。 

その一方で、表参道、ブルガリの路面店で、 一粒2000円以上のチョコをいくつかオーダー。

カフェコーナーで、高価なチョコを優雅に口にしながら、談笑するの は、どのような方々?その気分を経験してみたかったのです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

 昔、上司に言われた事があります。

「最高級の酒と、安い酒、両極端の味を知りなさい。」と。 

25歳の私には、何を言いたいのか、さっぱりわかりませんでしたが、

今ならわかります。 

 それらのお酒を置いている場所に行くと、世間のあらゆる職業、立場の人たちと、コミュニケーションできるから。

それぞれの場所に集まる人たちとの談笑は、それぞれの楽しさ・気づき・学びがあります。

その一つ一つが、社会勉強になり、それが、ラジオパーソナリティーとしての、幅広い喋りにつながる、という事だったのでしょうね。 

チョコが、老若男女、あらゆる人たちに、 

益々愛されるようになってきた今、 

 お酒に匹敵するほどの、社会勉強グッズに

なる予感…「俺チョコ」という新語から、 

期待しています。(^_^) 

 

息子小2が、女の子から、プレゼントされたチョコ。  手作りのようです。(^_^)  「袋、とっておいて!」と言われ…。 バレンタインデーの原点をみたような、  優しい気持ちになるものですね。(o^^o)   

息子小2が、女の子から、プレゼントされたチョコ。 

手作りのようです。(^_^) 

「袋、とっておいて!」と言われ…。

バレンタインデーの原点をみたような、 

優しい気持ちになるものですね。(o^^o)