あるある挨拶「お待ちしてました。」

美容院、マッサージ、ネイルサロン・・・

「おもてなし」感が嬉しい、予約が必要なお店って、

いろいろありますよね。

しかも、レストランのように複数ではなく、ひとりで訪れるようなお店。

ドアを開けると、「お待ちしてました。」^^

そんなお出迎えの一言、よく頂戴します。

この時、私は、つい時計を見てしまうのですが、あなたはそんな事ありませんか?

『あ、ギリギリ過ぎたかも。』 

『ちょっと遅れちゃった!お店の人に迷惑かけちゃったかな。』

反省してしまうのです。

ちゃんと、いつも早めにお店に到着していれば、そんな反省はないかもしれないのですが・・・^^;

 

*********************

「待つ」というのは、あまり良いイメージがわかない言葉なんでしょうね。

実際、友達と待ち合わせして、先に相手が来ていたら「ごめん、待った?」

仕事関係の方でしたら、なおさらですよね。

約束の時間に間に合っていても、相手に待たせた時間があると、気まずく思ってしまう・・・。

心当たり、ありませんか?

上下関係でいえば、「待つ」のは部下。「待たせる」のは上司。

そんなイメージでしょうか。

だからこそ!

美容室など、お店側は、「お待ちしていました」。

自ら、へりくだるという意味合い。

または、「あなたというお客様を、大切に思っているからこそ、待っていたんです。」

そんな気持ちを込めて、この言葉をつかっているのかもしれません。

素敵な心がけ、気遣いですよね。(お店のマニュアルにある、声かけの場合も)

なのに!

私が感じる「あぁ~、待たせちゃったー。ごめんなさい!」

この罪悪感はなんなのでしょう。

********************

コミュニケーションで、大切なキーワードのひとつに、「相手目線に立つ」

という事があります。

「お待ちしていました」→これは、自分(店員さん)の行為・自分目線の言葉ですよね。

価値観は十人十色です。ですから、自分目線の言葉ですと、

誤解が生じやすいので、ご注意です。

では、「お待ちしてました」の代わりになる、相手目線(お客様目線)の言葉として

何が思い浮かびますか?

・「新年早々、(お忙しい中)来ていただいてありがとうございます。」(1月中なら)

・「お寒い中、来ていただいてありがとうございます。」 

今日は、二十四節気の「大寒」ですから、この一言がぴったりですね。

その後の、会話もスムーズにできそうです。^^

言葉かけは、相手目線の一言が、オススメです。

さて。「大寒」の今日、東京も雪がちらつくとか?

あたたかいお鍋なんていいですよね。

インフルエンザが猛威をふるっています。くれぐれも、ご自愛くださいね!

あ、これは、私から、ブログを読んでくださっているあなたへの言葉かけです。笑

楽しい会話が弾む一日を!!!

 photo:  Y.K

photo: Y.K